2019競艇SG

グランドチャンピオン2019年SG競走まとめ

更新日:

グランドチャンピオン毎年6月下旬に開催されるSG(スペシャルグレード)の競艇レースになります。

2019年のグランドチャンピオンの日程や開催地に出場資格、またグランドチャンピオンの歴史や過去の優勝者もまとめてみました。

グランドチャンピオンとは

グランドチャンピオンは、通称「グラチャン」と呼ばれる競艇最高峰のレース、SG競走のひとつです。

1991年(平成3年)に第1回大会が開催され、開催当初の正式名称は「グランドチャンピオン決定戦競走」でしたが、2014年より決定戦がはずされ「グランドチャンピオン」になりました。

グランドチャンピオンはSG競走出場者でないと出場できないレースとなるので、グランドチャンピオンでSG初出場はあり得ません。

開催の歴史としては、1991年(平成3年)にモーターボート競争法制度40周年を記念して創設された大会で、2001年(平成13年)の第11回大会で寺田千恵選手が女子ボートレーサーで初めてSG競走の優勝戦進出を決めて、結果は5着ながらも話題を集めました。

グランドチャンピオン出場資格は

グランドチャンピオンの出場資格は下記の通りになります。

  • 前年度グランドチャンピオン優勝者(優先出場)
  • 前年の賞金王決定戦の優勝戦出場者(優先出場)
  • 本年ボートレースオールスター優勝者(優先出場)
  • 前年4月から本年3月に開催されたSG優勝戦完走者と予選得点上位者

優先出場選手以外は開催年前期A1級であることと、160走以上の出走回数が必要になります。

予選得点に関しては、得点率ではなく「合計得点」の上位者になるので、期間中のSGにより多く出場しているボートレーサーが有利になります。

グランドチャンピオン2019年の開催地と日程は

2019年のグランドチャンピオンの開催地と日程について調べてみました。

第29回大会グランドチャンピオン
日程:2019年6月18日~6月23日(6日間)
開催地:ボートレース多摩川

グランドチャンピオン優勝賞金は

ボートレースオールスターの優勝賞金は2700万円です。

グランドチャンピオン過去の優勝選手と開催場

過去10年分のグランドチャンピオンの優勝選手と開催されたボートレース場を紹介します。

開催年/回数 開催場 優勝者 登録番号 年齢 枠番 コース 決まり手
2018年/28回 徳山 白井英治 3897 41 1 1 逃げ
2017年/27回 鳴門 石野貴之 4168 35 1 1 逃げ
2016年/26回 蒲郡 山崎智也 3622 42 3 4 まくり
2015年/25回 宮島 山崎智也 3622 41 1 1 逃げ
2014年/24回 浜名湖 菊地孝平 3960 35 4 4 まくり
2013年/23回 常滑 太田和美 3557 40 1 1 逃げ
2012年/22回 芦屋 太田和美 3557 39 2 2 差し
2011年/21回 児島 瓜生正義 3783 35 2 2 まくり
2010年/20回 大村 湯川浩司 4044 30 1 1 逃げ
2009年/19回 戸田 今垣光太郎 3388 39 4 4 まくり

グランドチャンピオンの過去10年の優勝選手は、山崎智也選手太田和美選手が2度ずつ優勝しています。

1コースからのイン逃げの割合は50%で、まくりや差しで優勝する確率も高いのが特徴ですね。

グランドチャンピオンまとめ

今回の記事では「グランドチャンピオン」に関して、詳しく調べてみましたが、過去1年間のSG出場選手でない限り、グラチャンに出れないという事から活躍しているボートレーサーの戦いであることがわかります。

2019年のグランドチャンピオンは、2019年6月18日~6月23日の日程で「ボートレース多摩川」で開催されますが、はたしてどの選手がグランドチャンピオンの栄光を獲得するのでしょうか。

-2019競艇SG

Copyright© 【競艇SG予想】2019年のSG&G1日程・開催地まとめ , 2019 All Rights Reserved.