2019競艇SG

ボートレースクラシック2019年SG競走まとめ

更新日:

ボートレースクラシック毎年3月に開催されるSG(スペシャルグレード)の競艇レースになります。

2019年のボートレースクラシックの日程や開催地に出場資格、またボートレースクラシックの歴史や過去の優勝者もまとめてみました。

ボートレースクラシックとは

ボートレースクラシックとは、正式名称を「鳳凰将競走(ほうおうしょうきょうそう)」と言うSG競走のひとつで、毎年3月に開催されています。

1966年(昭和41年)に第1回鳳凰将競走が開催され、総理大臣杯の下付が行われていました。

1988年(昭和63年)の第23回から「総理大臣杯」に改称され、2014年(平成26年)の第49回からGRANDE5の初戦になることから「ボートレースクラシック」という通称名称になりました。

ボートレースクラシック出場資格は

ボートレースクラシックの出場資格は下記の通りになります。

  • 前年度優勝者
  • 前年のグランプリ優勝戦出場選手6名
  • 前年1月1日から12月31日のSG、G1、G2レースの優勝者
  • 前年1月1日から12月31日のG3以下のレースにおける優勝戦回数上位者

2020年のボートレースクラシックより出場資格がひとつ増えて、2019年よりG2レースとして始まる「全国ボートレース甲子園競走」の優勝者も出場できるようになります。

ボートレースクラシック2019年の開催地と日程は

2019年のボートレースクラシックの開催地と日程について調べてみました。

第54回大会ボートレースクラシック
日程:2019年3月16日から3月21日(6日間)
開催地:ボートレース戸田
第55回大会ボートレースクラシック
日程:2020年3月17日から3月22日(6日間)
開催地:ボートレース平和島

ボートレースクラシック優勝賞金は

ボートレースクラシックの優勝賞金は3500万円です。

ボートレースのSG(スペシャルグレード)競走の中でも、グランプリの次に高額な優勝賞金になります。

ボートレースクラシック過去の優勝選手と開催場

過去10年分のボートレースクラシックの優勝選手と開催されたボートレース場を紹介します。

開催年/回数 開催場 優勝者 登録番号 年齢 枠番 コース 決まり手
2018年/53回 浜名湖 井口佳典 4024 40 2 2 まくり
2017年/52回 児島 桐生順平 4444 30 1 1 逃げ
2016年/51回 平和島 坪井康晴 3959 38 1 1 逃げ
2015年/50回 尼崎 桐生順平 4444 28 1 1 逃げ
2014年/49回 尼崎 松井繁 3415 44 1 1 逃げ
2013年/48回 平和島 池田浩二 3941 34 1 1 逃げ
2012年/47回 戸田 馬袋義則 3612 39 1 1 逃げ
2011年/代替 戸田 重野哲之 3995 32 1 1 逃げ
2010年/45回 平和島 山口剛 4205 27 2 1 抜き
2009年/44回 多摩川 池田浩二 3941 30 1 1 逃げ

ボートレースクラシックの過去10年の優勝選手は桐生順平池田浩二が2回ずつで、決まり手に関しては1コースからのイン逃げがほとんどです。

やはりSG競走の優勝戦になると、その節のモーターの仕上がりと実力が一致して1号艇で乗る選手が有利になるのは間違いないようですね。

ボートレースクラシックまとめ

今回の記事では「ボートレースクラシック」に関して詳しく調べてみましたが、GRANDE5の最初のレースになるSG競走は、毎年多くの選手が狙っているタイトルです。

毎年最初のSG競走のボートレースクラシックですが、2019年はどの選手が最初のGRANDE5の称号を獲得するのでしょうか。

-2019競艇SG

Copyright© 【競艇SG予想】2019年のSG&G1日程・開催地まとめ , 2019 All Rights Reserved.