2019競艇SG

ボートレースダービー2019年SG競走まとめ

更新日:

ボートレースダービー毎年10月に開催されるSG(スペシャルグレード)の競艇レースになります。

2019年のボートレースダービーの日程や開催地に出場資格、またボートレースダービーの歴史や過去の優勝者もまとめてみました。

ボートレースダービーとは

ボートレースダービーとは、正式名称を「国土交通大臣旗争奪 全日本選手権競走」と言い、通称「ボートレースダービー」と呼ばれていて、2014年から競艇5大競走の「GRANDE5」の第4戦となりました。

ボートレースダービーは、競艇で最も古くから行われている格式高いボートレースで、グレード制やSGができる前から続いている競走大会です。

第1回大会は1953年(昭和28年)11月7日から11月10日の日程で若松競艇場で開催され、下付賞は「運輸大臣旗争奪 全日本モーターボート選手権競走」でしたが、1998年より正式名称が「全日本選手権競走」になり、2001年から下付賞が「国土交通大臣旗」になりました。

ボートレースダービー出場資格は

ボートレースダービーの出場資格は下記の通りになります。

  • 前年度の優勝者
  • 前年のグランプリ優勝戦の出場者(6名)
  • 本年のボートレースメモリアルの優勝者
  • 前年8月1日から本年7月31日までの勝率上位選手

勝率上位選手の選考で勝率が並んだ場合には、着順点上位選手から優先的に選出されますが、開催年の後期A1級であることと、160走以上の出走回数が必要になります。

ボートレースダービー2019年の開催地と日程は

2019年のボートレースダービーの開催地と日程について調べてみました。

第66回大会ボートレースダービー
日程:2019年10月22日~10月27日
開催地:ボートレース児島

ボートレースダービー優勝賞金は

ボートレースダービーの優勝賞金は3500万円です。

ボートレースダービーの優勝賞金は過去には4000万円まで上昇しましたが、2011年に減額されてから3500万円になっています。

ボートレースダービー過去の優勝選手と開催場

過去10年分のボートレースダービーの優勝選手と開催されたボートレース場を紹介します。

開催年/回数 開催場 優勝者 登録番号 年齢 枠番 コース 決まり手
2018年/65回 蒲郡 守田俊介 3721 43 1 1 逃げ
2017年/64回 平和島 深川真二 3623 43 6 2 差し
2016年/63回 福岡 瓜生正義 3783 40 1 1 逃げ
2015年/62回 浜名湖 守田俊介 3721 40 1 1 逃げ
2014年/61回 常滑 仲口博崇 3554 42 1 1 逃げ
2013年/60回 平和島 瓜生正義 3783 37 1 1 逃げ
2012年/59回 福岡 丸岡正典 4042 33 2 2 差し
2011年/58回 平和島 池田浩二 3941 33 1 1 逃げ
2010年/57回 桐生 瓜生正義 3783 34 4 4 差し
2009年/56回 尼崎 松井繁 3415 39 1 1 逃げ

ボートレースダービーの過去10年の優勝選手は、守田俊介選手が2回瓜生正義選手が3回という強さを誇っています。

他のSG競走と比較すると、やはりイン逃げが多い展開であることから、トップクラスのボートレーサーによる優勝戦はインコースが圧倒的に有利だと言えるでしょう。

ボートレースダービーまとめ

今回の記事では「ボートレースダービー」に関して詳しく調べてみましたが、GRANDE5の第4戦になるボートレースダービーは年末のグランプリに向けた賞金ランキングを上げる数少ないチャンスとなっています。

ボートレースダービーが終わると、11月のチャレンジカップ、12月のグランプリグランプリシリーズ獲得賞金上位者のみの出場選考となりますので、賞金ランキングのボーダーラインにいる選手には「ボートレースダービー」は絶対勝ちたいSG競走になりそうです。

-2019競艇SG

Copyright© 【競艇SG予想】2019年のSG&G1日程・開催地まとめ , 2019 All Rights Reserved.